米朝首脳会談ー トランプ大統領、キム・ジョンウンの首脳会談、合意に達せず。

Trump-Kim summit cut short without a deal — live updates

The Vietnam summit between President Trump and North Korean leader Kim Jong Un was cut short as the two countries failed to reach an agreement.


"President Donald J. Trump of the United States and Chairman Kim Jong Un of the State Affairs Commission of the Democratic People's Republic of Korea had very good and constructive meetings in Hanoi, Vietnam, on February 27-28, 2019," White House press secretary Sarah Sanders said in a statement. "The two leaders discussed various ways to advance denuclearization and economic driven concepts. No agreement was reached at this time, but their respective teams look forward to meeting in the future."

An hour of confusion ensued before that statement. As reporters were waiting for a lunch between the two delegations to take place, Sanders said the expanded bilateral meeting would soon wrap up and Mr. Trump would then head back to his hotel. The president was supposed to take part in a signing ceremony with Kim, although Sanders wouldn't clarify whether that, too, is canceled.

The press conference Mr. Trump was scheduled to have shortly before 4 p.m. local time, 4 a.m. Eastern, has been moved up to 2 p.m. local time or 2 a.m. Eastern.

The White House hasn't explained what happened. Earlier in the day, both Mr. Trump and Kim expressed cautious optimism on reaching an agreement, and urged patience.

"I've been saying very much from the beginning that speed is not that important to me," the president said as he sat down with Kim. "I very much appreciate no testing of nuclear rockets, missiles, any of it. Very much appreciate it."

The real shock came when Kim took multiple questions from American reporters, something unprecedented. Asked if he is willing and ready to denuclearize, Kim responded through a translator, "If I'm not willing to do that I wouldn't be here right now."







トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国の指導者キム・ジョンウンの間のベトナム首脳会談は、両国が合意に達することに失敗したために短縮された。


「2019年2月27日から28日にかけて、米国のドナルド・J・トランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国国務委員会のキム・ジョン・ウン会長は、非常に立派で建設的な会議を開きました。」秘書のSarah Sandersは声明で述べた。「両首脳は、非核化と経済主導の概念を前進させるための様々な方法について議論した。現時点で合意は得られていないが、それぞれのチームは将来会うことを楽しみにしている」

その声明の前に1時間の混乱が続いた。記者団が2つの代表団の間で昼食が行われるのを待っていたので、サンダース氏は拡大された二国間会議は間もなく終了し、トランプ氏はその後彼のホテルに戻ると述べた。サンダース大統領もそれが取り消されるかどうかを明らかにしなかったが、大統領はキムとの署名式に参加することになっていた。

トランプ氏は、現地時間の午後4時直前(東部標準時4時)に現地時間午後2時または東部標準時2時まで移動する予定でした。

ホワイトハウスは何が起こったのか説明していない。その日の早い時期に、トランプ氏とキム氏は合意に達することに慎重な楽観的な見方を表明し、忍耐を求めた。

「私は、スピードはそれほど重要ではないと最初からずっと言っていました」と、大統領は金大統領に座りながら語った。「私は核ロケット、ミサイル、それのどれものテストを全く評価しません。とても感謝します。」

金氏がアメリカの記者団から複数の質問を受けたとき、本当に衝撃を受けました。これは前例のないことです。喜んで非核化する準備ができているかどうか尋ねられたキムは、「私が今ここにいないだろうと思っていないのなら」と通訳者を通して答えた。


この記事へのコメント