オスカーの決闘の後、レディー・ガガはブラッドリー・クーパーロマンスの噂を撃墜

Lady Gaga shoots down Bradley Cooper romance rumours after Oscars duet

Lady Gaga has laughed off the deluge of suggestive social media comments following her passionate duet with co-star Bradley Cooper at the Oscars.

Rolling her eyes, she told talk show host Jimmy Kimmel on Wednesday: "People saw love, and guess what, that's what we wanted you to see."

During their performance of Shallow, they gazed lovingly at each other and ended up together at the piano.

She said: "I'm an artist, I guess we did a good job - fooled ya!"

The singer won the Oscar for best song for Shallow, from the film A Star Is Born, at Sunday's ceremony. Cooper starred in and directed the movie.

Kimmel said to her: "People started saying, 'Oh, they must be in love'. We were watching it at home, we were going, what's going on between these two?"

Lady Gaga's response was typically blunt, saying: "First of all, social media, quite frankly, is the toilet of the internet. And what it has done to pop culture is abysmal.

"This is a love song... the movie - it's a love story. We worked so hard, we worked all week on that performance."

She said it had been important to both herself and Cooper "that we were connected the entire time".

Their performance was entirely "his vision", including the lighting on the audience throughout the performance.

The singer joked: "Look, I've had my arms wrapped around Tony Bennett for three years touring the world. When you're singing love songs, that's what you want people to feel."

BBC NEWS 2019/2/28


オスカーの決闘の後、レディー・ガガはブラッドリー・クーパーロマンスの噂を撃墜

Lady Gagaは、Oscarsで共演したBradley Cooperとの情熱的なデュエットの後に、示唆に富むソーシャルメディアのコメントの大盛り上がりを笑った。

彼女は目を転がしながら、水曜日にトークショーの主催者Jimmy Kimmelにこう語った。「人々は愛を見ていたし、それを推測してください。

Shallowのパフォーマンスの間、彼らはお互いに愛情をこめて注視し、そしてピアノで一緒になりました。

彼女は言った: "私はアーティストです、私たちは良い仕事をしたと思います - 屋だまされました!"

歌手は、日曜の式典で、映画A Star Is BornからShallowのベストソングでオスカーを獲得しました。クーパーは主演し、映画を監督しました。

キンメルは彼女に言った:「人々は「ああ、彼らは恋をしているに違いない」と言い始めました。私たちは家でそれを見ていました、私たちは行っていました。

「まず第一に、ソーシャルメディアは、率直に言って、インターネットのトイレです。そして、ポップカルチャーのためにしたことは最悪です。

「これはラブソングだ。映画だ。ラブストーリーだ。僕らは一生懸命頑張った。僕たちは毎週そのパフォーマンスに取り組んだ。」

彼女は、「私たちがずっとつながっていた」ことが自分自身とクーパーの両方にとって重要であったと述べました。

彼らのパフォーマンスは、パフォーマンス全体を通して観客を照らすことも含め、完全に「彼のビジョン」でした。

歌手は冗談を言った:「見て、私は世界を見学しながら3年間トニー・ベネットを私の腕に巻きつけさせました。あなたがラブソングを歌っているとき、それはあなたが人々に感じさせたいものです。」




この記事へのコメント