ドナルド・トランプが「最低限」で金正日核サミットから帰国

Donald Trump coming home from Kim Jong Un nuclear summit with "bare minimum"

President Trump's second summit with Kim Jong Un was cut short on Thursday with the two menfailing to reach any agreementon how to keep pushing toward Mr. Trump's stated goal of ridding North Korea of its nuclear weapons. In spite of months of preparation following their first one-on-one discussion last year, Mr. Trump and Kim appeared to have shown up in Vietnam without a clear understanding of the other side's expectations, leaving them to cancel a planned lunch and signing ceremony and head home early.

The talks will continue at lower levels, Mr. Trump said, but the failure to reach any new agreement at all will leave America's allies -- South Korea in particular -- worried that the diplomacy could drag on indefinitely whileNorth Korea continues clandestine workon its nuclear and missile programs.

"Sometimes you have to walk," Mr. Trump told reporters after his meetings with Kim. He said he'd "rather do it right than do it fast."

"It's a process and it's moving along, but we just felt that it wasn't appropriate to sign an agreement today," Mr. Trump said.

But as CBS News "Face the Nation" moderator Margaret Brennan noted, few expected Mr. Trump to walk away from the meeting in Vietnam quite so empty handed, because "the president's language, up until this point, has been so positive in wanting this deal."

Why the talks fell apart early

According to Mr. Trump, the summit came to a sudden and unexpectedly early halt (the table had already been set for the leaders' now-cancelled formal lunch) because Kim demanded a complete lifting of U.S. sanctions against his regime in exchange for the North Koreans opening up just one key nuclear facility to some degree of inspection.

TheYongbyon Nuclear Research Centerhas been one of the Kim regimes' primary nuclear sites. It ostensibly exists to generate nuclear electricity, but houses multiple reactors which could be used to produce the raw materials to make nuclear bombs.

It is not the North Koreans' only nuclear facility, however.


As CBS News' Margaret Brennan reported after the summit, there is a uranium processing facility and other sites U.S. intelligence agencies know about that Mr. Trump wants access to before he's willing to ease sanctions on the Kim regime. The White House has long said that sanctions relief can only come after demonstrable steps by the North to denuclearize.


Brennan noted that Mr. Trump's explanation of why he decided "to walk" away from the talks -- the limited offering of Yongbyon by the North Korean side and his refusal of it -- was the most detailed insight into the top-level negotiations offered to date by the White House.

In the end, Brennan said Mr. Trump was leaving Vietnam "with the bare minimum that he set," being North Korea's agreement to continue refraining from nuclear and missile tests.

As CBS News' Asia correspondent Ben Tracy pointed out, however, that is not a concession. Kim unilaterally declared an end to his country's tests last year, before he ever sat down with Mr. Trump, claiming that all of his ambitions had been achieved. While that claim is unproven, and reasonably doubted, Kim nonetheless made the decision to stop missile and nuclear tests of his own volition, long before he met Mr. Trump.

One thing that remained unclear in the wake of the abbreviated summit, noted Brennan, is whether Mr. Trump intends to restart joint military exercises with South Korea. He announced a halt to those long-standing war games after his fist meeting with Kim in Singapore last year, to the great surprise of many in the U.S. and around the world who saw it as a concession by the U.S. without anything given by Kim.

While he wouldn't directly answer a question on Thursday about his plans regarding the military exercises, Mr. Trump appeared to indicate a desire to keep them suspended -- citing the costs. He said last year that the money spent on the drills was a main impetus for shelving them.

"We spent hundreds of millions of dollars on those exercises and

I hated to see it. I thought it was unfair," Mr. Trump said in Hanoi, adding that he was "was sort of of the opinion that South Korea should help us with that. You know, we're protecting South Korea. I think they should help us with that. So those exercises are very expensive and I was telling the generals, 'look, exercising is fun and it's nice and they play the war games and I'm not saying it's not necessary, because at some levels it is, but at other levels it's not. But it's a very, very expensive thing and we do have to think about that, too."

That kind of language from the U.S. commander in chief, said Brennan, is "something that really troubles our allies in South Korea and Japan; that the president's language is so focused on the U.S. mainland and not helping to protect them. They do want that readiness to be there."

How will North Korea play it?

Tracy said it was remarkable that the North Koreans came to the table and demanded complete sanctions relief in exchange for access only to Yongbyon.

"You have to assume that they went into that meeting knowing that that was not going to be a concession that the U.S. side could make -- which then raises the question about how serious they are about these negotiations," said Tracy.

If anything, Brennan said Kim would walk away from the abbreviated summit in Vietnam with "one win in his pocket" -- he remains far less isolated with the talks continuing. Kim, unusually answering a question from a Western journalist as he sat across from Mr. Trump at the negotiating table, said he was open to the idea of the U.S. opening a liaison office in North Korea.

Mr. Trump called it "a good idea" for such an office to be opened, and Kim called the notion "welcomable."

Even getting Mr. Trump to show up for a second summit was "a huge moment for him, in terms of his reputation," said Tracy.

Reaction from key allies

The lack of any new agreement between Mr. Trump and Kim at the much-touted Vietnam summit will worry America's closest allies in Asia.

CBS NEWS 2018/2/28


ドナルド・トランプが「最低限」で金正日核サミットから帰国

トランプ大統領の金ジョンウンとの第2回首脳会談は木曜日、2人の男性北朝鮮の核兵器廃絶というトランプ氏の目標に向かって前進する方法について合意達することができなかったことで、短縮された。去年の最初の一対一の討論に続く準備の月にもかかわらず、トランプ氏とキム氏は相手側の期待を明確に理解することなくベトナムに現れたようで、計画された昼食と調印式をキャンセルしましたそして早く家に帰る。

交渉はより低いレベルで継続するとトランプ氏は述べたが、まったく合意に至らなかったことでアメリカの同盟国、特に韓国は無期限に外交が引きずられ、北朝鮮が秘密の仕事続けていくのではないかと心配した。その核とミサイルプログラム。

「時にはあなたは歩かなければならない」とトランプ氏は金大統領との会談後に記者団に語った。彼は、「速くするよりはむしろそれを正しくやろう」と言った。

「これはプロセスであり、順調に進んでいますが、今日合意に署名するのは適切ではないと感じました」とトランプ氏は述べた。

しかし、CBSニュースの「Face the Nation」司会者Margaret Brennan氏が指摘したように、トランプ氏がベトナムでの会議からあまりにも手を引くことを期待した人はほとんどいなかった。対処。"

会談が早くバラバラになった理由

トランプ氏によると、首相は北朝鮮と引き換えに、彼の政権に対して米国の制裁措置を完全に解除することを要求したため、首脳会談は突然予想外に早く停止した(テーブルはすでに首相のキャンセルされた正式昼食に設定されていた)韓国人はある程度の検査のためにただ一つの重要な原子力施設を開放している。

寧辺原子力研究センターは、キム政権の主要核施設の一つとなっています。表面的には原子力を発生させるために存在しますが、原爆を作るための原材料を生産するために使用することができる複数の原子炉を収容します。

しかし、それは北朝鮮の唯一の原子力施設ではありません。

サミット後にCBS NewsのMargaret Brennanが報じたように、米国の諜報機関がウラン処理施設と他のサイトを知っている。ホワイトハウスは、制裁措置の緩和は、北朝鮮による非核化のための明白な措置の後にのみ可能であると長い間述べてきた。

ブレナン氏は、トランプ氏が、北朝鮮側による寧辺の限られた提案とそれを拒否したことから、交渉から「離れる」ことを決定した理由についてのトランプ氏の説明が提供されたと述べた。ホワイトハウスでこれまでに。

結局、ブレナン氏はトランプ氏が「最低限の最低限でも」ベトナムを去り、核実験とミサイル実験を控えることを継続するという北朝鮮の合意であると述べた。

しかし、CBS Newsのアジア通信員Ben Tracyが指摘したように、それは譲歩ではありません。金氏は、トランプ氏と席を組む前に、去年、一方的に自国の試練の終結を宣言し、野心はすべて達成されたと主張した。その主張は証明されておらず、合理的に疑われているが、それでもキムはトランプ氏に会うずっと前に、彼自身の意志によるミサイルと核実験を止める決断をした。

ブレナン氏によると、首脳会談の結果、不明な点が1つあったが、トランプ氏は韓国との合同軍事演習を再開する意向があるかどうか。彼は昨年のシンガポールでのキムとの最初の会合の後、これらの長年の戦争ゲームを中止すると発表しました。

彼が木曜日に軍事演習に関する彼の計画についての質問に直接答えることはなかった間、トランプ氏はそれらを中断しておくことを望んでいることを示した - 費用を引用して。彼は昨年、訓練に費やされたお金がそれらを棚に入れるための主な推進力であると言いました。

「私たちはこれらの演習に何億ドルも費やしました。

私はそれを見るのが嫌だった。「トランプ氏がハノイで言った、彼がそうであると付け加えた」と不当だと思ったのは、韓国がそれを手助けするべきだという意見のようなものだった。ご存知のとおり、私たちは韓国を守っています。彼らは私たちを助けてくれるはずだと思います。それで、これらの演習は非常に高価で、私は将軍に言っていました。見て、運動は楽しいです、そして、彼らは戦争ゲームをします、そして私はそれが必要ではないと言いません。そうではありません。しかし、それは非常に非常に高価なことであり、我々もそれについて考える必要があります。」

北朝鮮はどのようにプレーするのでしょうか。

トレーシーは、朝鮮民主主義人民共和国人がテーブルに来て、ヨンビョンへのアクセスと引き換えに完全な制裁措置の解除を要求したことは注目に値すると述べた。

「あなたは彼らがその会議に参加したと仮定しなければならない。それはそれが米国側がすることができる譲歩ではないことを知っていた - そしてそれは彼らがこれらの交渉に関してどれほど深刻であるかという問題を提起する」とトレーシーは言った。

どちらかといえば、ブレナン氏は、金氏はベトナムで開催された首脳会談から「一度だけ勝ち取った」と批判するだろうと語った。金氏は、トランプ氏と交渉テーブルで対面しながら西側のジャーナリストからの質問に異例に答えると、米国が北朝鮮に連絡事務所を開設するという考えに寛容であると述べた。

トランプ氏はそのような事務所を開設することを「良い考え」と呼び、金氏はその概念を「歓迎できる」と呼びました。

トランプ氏が2度目の首脳会談に出席するようになったことでさえ、「彼の評判の点から見れば、彼にとって大きな瞬間だった」とトレーシーは言った。

主要同盟国からの反応

トランプ氏とキム氏の間で、大いに盛り上がったベトナム首脳会談で新たな合意がなかったことは、アメリカのアジアにおける最も近い同盟国を心配させるでしょう。



この記事へのコメント